博多湾のシーバスエサ釣り

博多湾にシーバス=セイゴ〜スズキが多いワケ

昔話をしても仕方ないのですが、
博多湾は昔から魚種も数も多い釣り場でした。

 

 

 

 

それは博多湾自体が魚種が豊富な玄界灘から
福岡市を流れる多くの河川が注ぎ込む
閉鎖性海域であることも大きな理由の一つです。

 

 

 

博多湾自体は志賀島の先端部分と
糸島の西浦崎を結ぶ線内の地形を考えてみると明らかです。

 

 

多々良川、御笠川、那珂川、室見川・・・・という大きな河川が
博多湾に繋がっています。

 

 

河口周辺は食物連鎖から考えてみましても、
いろいろなプランクトンが発生し、
それを食べる甲殻類なども集まり、
更にそれらを好んで食べる小魚が集まるものです。

 

 

玄界灘で釣れる大物の魚も幼魚の頃は
博多湾で過ごすことが少なくありません。

 

 

つまり、博多湾に注ぎ込む幾つもの河川の河口は
「お魚の保育園」みたいな存在でもあるのです。

 

 

内湾で食物連鎖の頂点に君臨するのがシーバス=セイゴ〜スズキなのですが、エサとなる小魚=ベイトフィッシュが集まるところを見逃しません。

 

 

小魚のエサが豊富な河川に、
小魚を求めてシーバス=セイゴ〜スズキが集まるのは自然の摂理だとも言えます。

 

 

シーバス=セイゴ〜スズキの成長スピードは意外に早く、
生後1年で20センチぐらいまでに成長すると言われています。

 

 

その成長を支えるのが、
博多湾の豊富なエサ場だと言うことです。

 

 

 

 

成長スピードが早い分、貪欲に何でも食べることでも有名です。

 

 

過去に私が釣ったシーバス=セイゴ〜スズキの胃袋からは、

30センチほどの未消化のボラ
グチャグチャになったワタリガニ1匹そのまんま
ペットボトルのキャップ

・・・などが見つかりました。

 

 

フィッシュイーターでもある彼らは、
アオイソメなどの虫類、
エビ、カニなどの甲殻類、
アジゴ、ボラの子、カタクチイワシ、サッパ、コノシロの子などを
貪欲に捕食せねば、
大きな魚体を維持することが出来ないのです。

 

 

魚種も数も減少傾向にあるとは言え、
博多湾内には依然アジゴ、ボラの子、カタクチイワシ、サッパ、コノシロの子などは多く、
そのことが博多湾のシーバス=セイゴ〜スズキの魚影の濃さを支えていると言うワケです。

 

 

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの生態について知っておこう!に進む

 

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮