博多湾のシーバスエサ釣り

スズキの置き竿釣法のタックルについて

私がこのスズキの置き竿釣法を始めた時は、見よう見真似でとにかく、いろんな竿をありったけ出しました。

 

 

 

磯竿でも、
投げ竿でも、
船竿でも、
落とし込み釣りの竿でも、
イカダ竿でも、
ルアーロットでも、
やってみました。

 

 

 

結論から申し上げますと、どの竿でも釣れます。(笑)

 

 

 

釣りをされている方ならばお分かりいただけると思いますが、
釣れると言う事と、「思い通りに釣る!」ということはかなりの差があると思います。

 

 

 

本当に何十回と試しました。

 

 

 

それであえておススメするのが、図のようなタックルです。

 

 

 

 

 

 

私は後輩や慕ってくる初心者にリール付きのボロ竿を薦めるような酔狂なことは致しませんが、あえてこのスズキの置き竿釣法ではそれを薦めています。

 

 

 

 

但し、リールはためしてみてOK!であれば使えますが、中には粗悪品があって、まるで使えないモノもあるにはあるんです。

 

 

 

リール付きの竿では、リールが問題になることが多々あります。

 

 

 

 

スズキのアタリはいきなりです

 

 

 

 

スズを竿先に付けていても、いきなり竿とリールが海中に引きずり込まれてしまうことも経験しました。

 

 

 

なので、竿尻に砂を入れた砂袋を置いたこともあります。

 

 

 

それほど、いきなりです

 

 

 

竿尻にロープを結んで持っていかれないようにしたこともありますが、正直面倒臭いです。

 

 

 

ですが、これはこの釣りではマストアクションです。

 

 

 

これをしておかないと、大物は絶対に釣れません

 

 

 

考えてもみて下さい。

 

 

 

バカチョンコンパクトロッドに安物のスピニングリールを付けたタックルに、80センチオーバーのスズキがいきなりエサを咥えて走り出したら・・・・。

 

 

 

こんな単純なことをしないばかりに、私は数々の竿とリールをなくしました。

 

 

 

基本的には竿は安物のコンパクトロッドで、リールは2000円程度のスピニングリールで構いませんが、タックルが海に引きずりこまれないようにしておくのがこの釣り方のキモです。

 

 

 

もちろん磯竿でも、投げ竿でも、船竿でも、落とし込み釣りの竿でも、ルアーロットでも構いません。

 

 

 

なるべく大切でも何でもないような竿!?を使うことをおススメいたします。

 

>>置き竿釣法の釣り方に進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮