博多湾のシーバスエサ釣り

置き竿釣法での釣り方

さて前回ご紹介した仕掛けで、シーバス=セイゴ〜スズキをどのように釣るのかということをお話します。

 

 

 

ここでもう一度私が書いた仕掛けとタックルを御覧下さい。

 

 

 

 

 

 

ミチイトにつけているウキ止めのゴムは単に水深がどれくらいのところにエサがあるかどうかを測るための道具で、アタリを見るタメのモノではありません。

 

 

 

 

私は、最低でも3本から5本ぐらいの竿を出すこととしています。

 

 

 

 

ウキ釣りの時と同じで、その日のアタリダナをいち早く見つけるためです。

 

 

 

ウキ止めのゴムを4ヒロにしたり、3ヒロにしたり、2ヒロにしたり・・・。

 

 

 

シモリは水深を測ると同時に波に揺られてエサを躍らせてくれる役目も持っています。

 

 

 

イカ釣りで言う自働シャクリ機能みたいなものです。^^;

 

 

 

なので、竿先が勝手に上下していますが、スズが鳴るほどの動き方は致しませんので、
シーバス=セイゴ〜スズキのアタリと間違うことはほとんどありません。

 

 

 

1尾釣れたら、全部の竿をその釣れたタナに合わせます

 

 

 

30〜40センチクラスのセイゴは同時に5本の竿のうち3本ぐらいにアタリが出る事がありますので、
大忙しです。

 

 

 

竿尻に砂袋を置いて1本ずつ片付けていきます。

 

 

 

いかに老練釣り師だろうと、一度に2本の竿を持って、2つのリールを巻くなどという芸当はできません。(笑)

 

 

 

こんなことができても手品師になれる??

 

 

 

言い忘れていましたが、エサは壁際から50センチ以内ぐらいのところに落としていけばOK!です。

 

 

 

夜釣りメインですから、エサはアオイソメオンリーです。

 

 

 

エビ餌を使うとこの釣り方ではなぜか釣れません。(涙)

 

 

 

エサはアオイソメに限ります

 

 

 

アタリがない時はたまに竿を上げて、エサのチェックだけしていれば十分です。

 

 

 

どうかしますと1時間に1回もアタリがないときもありますが、半ば諦めて帰ろうか?などと思っているときに
次から次にアタリが多発します。

 

 

 

こういうときは30〜50センチの小型が多いのですが、
アタリがないときに竿につけたスズが微かにチリン!と音を立てて、竿先が怪しく曲がっていくような時は要注意です。

 

 

 

大物の可能性大です。

 

 

 

 

 

この微かなアタリを見逃すと、竿がいきなり海中に引きずり込まれたりします。(涙)

 

 

 

老練なスズキもまた、大型のクロダイのようにモゾ~っとしたアタリが多いものです。

 

 

 

竿尻をそっと持って、竿先を僅かに下げて送り込むようにします。

 

 

 

コツン、コツン・・・と言うアタリがありますが、ここでアワセてはダメです!!

 

 

 

このときはじっと息を止めて、ドラッグを緩めてください。
そして、リールのすぐ上のミチイトを片方の手で握るんです。

 

 

 

ガツン!と大きなアタリがあったらアワセてから、ミチイトを握っていた手を離すんです。

 

 

 

スピニングのスプールが音を立てて、ミチイトが出て行きます。

 

 

 

出すだけ出したら、ドラッグを締めて反撃開始です。

 

 

 

注意するのは、スズキはイトを巻く方向にそれ以上のスピードで近づくことが多々ありますので、
バレてしまった!!と思うのですが、これがそうではないことが多いのです。

 

 

 

どんどんリールのハンドルを回してください!!

 

 

 

 

ヤツラは本能的に逃げ方を知っているのか?と思いたくなるような行動をします。

 

 

 

これは場数を踏めば分かるのですが、エラ洗いもその1つのヤツラの手段に過ぎません。

 

 

 

冷静沈着にヤツラの行動パターンを数稽古すれば、苦笑いしながら獲れる様になります。

 

 

>>置き竿釣法の注意点 アワセと取り込みに進む

 

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮