博多湾のシーバスエサ釣り

置き竿釣法の注意点 アワセと取り込み

置き竿釣法は夜釣りで、竿先につけたスズの音で基本的にアタリを見ます。

 

 

 

チリンチリン・・・と小刻みな音が続く時は30センチ程度のセイゴがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

前述しましたが、大物ほどアタリらしからぬアタリが多く、微かにチリ・・・ンと言う音がするかしないかの時程要注意です。

 

 

 

更に、スズの音が聞こえずに竿先が曲がっているのを見るために私が気をつけていることは

 

・竿先は白い竿を選ぶこと
・スズは最先端に付けずに竿先から20センチぐらいの位置につけること
・ライトを照らしてすべての竿先が見えるようにしておくことです。

 

 

 

 

どの竿のスズが鳴ったのか?分からないことがあります

 

 

 

 

スズが鳴ったら、竿の角度や位置が変わらないように竿尻をもって、明らかに食っているようですと、更に竿先を下げて送り込んでからアワセます

 

 

 

ドラッグはこのときユル目が良いのも前述しました。

 

 

 

アワセて数秒で魚の大きさは予測できますので、ドラッグを締めたり、緩めたりは臨機応変にします。

 

 

 

ウキ釣りのところでも書きましたが、スズキの場合は取り込みに極力時間を掛けないことが獲れるひとつの条件となります。

 

 

 

ハリがたまたまジゴクに掛かっていれば、時間を掛けても獲れますが、
飲み込まれた時のことを想定して取り込みを急いだほうが賢明です。

 

 

 

そのためにはタモの口径はなるべく大きなモノを買っていたほうが良いと思います。

 

 

 

 

釣具屋さんでは45〜50センチが一般的ですが、
かなりタモ入れが慣れている方でも、45センチ口径のタモで80センチオーバーのスズキを一発でタモに収めることは至難の業です。

 

 

 

しかも時間を掛けないで元気なスズキを!

 

 

 

ですから、タモ枠の直径はなるべく大きなモノを購入することをおススメいたします。

 

 

 

このことはウキ釣りだろうと、ルアー釣りだろうと同じです。

 

 

 

小さなタモで何度も何度もタモ入れに失敗しますと、釣れるはずのスズキも釣れません。

 

 

 

更に、これも各釣り方に共通するのですが、
アタリがあったり、エサを付け直す時、サカナが釣れた時は必ずハリスのチェックを怠らないことです。

 

 

 

 

30センチ程度のセイゴ良くハリを飲んで外すのに一苦労したりしますが、
そのようなときほどハリスにはキズが付いています

 

 

 

キズが付いたハリスなど何号であってもすぐに容易に切れることはお分かりいただけると思います。

 

 

 

 

特にハリ上15センチぐらいは入念にチェックすることをおススメいたします。

 

 

 

必ず片手の指でハリをつまんで、もう一方の手でハリスをある程度引っ張って強度を試すこともおススメいたします。

 

 

 

 

暗闇の夜釣りにおいてはこんな簡単なことも面倒なのですが、
私自身ハリスのチェックを怠ったがために唇を噛むような思いを何度もしてきました。

 

 

 

これを怠りますと大物には出会えません。

 

 

 

チャンスをものにするためには要注意です。

 

 

>> チョイ投げでもソコソコのスズキの大物が釣れる!に進む

 

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮