博多湾のシーバスエサ釣り

チョイ投げでもソコソコのスズキの大物が釣れる!

まずは本格的にスズキの大物を投げ釣りで狙う前に、是非とも試していただきたいのが、コンパクトロッドでのチョイ投げ

 

 

 

コンパクトロッドとスピニングリールのタックルにジェット天秤と市販の投げ釣り仕掛けでOK!です。

 

 

 

 

市販のカレイ・アイナメ用の投げ釣り仕掛けですと、流線型の10号〜12号がおススメです。

 

 

 

 

エサは最も安いアオイソメで十分です。

 

 

 

3本バリ仕掛けよりも2本バリ仕掛けをおススメします。

 

 

 

基本的に3本バリ仕掛けはムダです!!

 

 

 

キスやハゼを狙うわけではありませんし、2本バリで十分です。

 

 

 

河口や埠頭などで何本か竿を出してみてください。

 

 

 

 

 

 

これって不思議で、なぜかしら同じ竿に良く釣れるんです。

 

 

 

なるべくまっすぐ投げますから、底の状態が良いのだと思います。

 

 

 

陸からは分かりませんが、スズキが好きなポイントがあるのだと、思います。

 

 

 

そして、その位置ははっきりと覚えておくことです。

 

 

 

時期が近ければ、同じところで釣れる確率は非常に高いです。

 

 

 

私は冬になると、カレイ・アイナメをこのチョイ投げてよく狙いますが、
ハゼや手長ダコも含めて外道で一番多いのが実はセイゴ〜スズキです。

 

 

 

コンパクトロッドだから・・・と、たかをくくっていますと、
70センチクラスのスズキがハリに掛かって大暴れします。

 

 

 

なので、タモは必携です。

 

 

 

真冬のスズキの活性はそれほど高くはないにせよ、
30センチクラスのマコガレイやアイナメとはもちろん次元が違う引き具合を楽しめます。

 

 

 

そのポイントで大型が釣れたら、本核的な道具を持参して大物狙いに徹すればよいのではないでしょうか?

 

 

 

エサが豊富な釣り場には色々なサカナがいるものです。

 

 

 

小物がいないところには、得てして大物もいません。

 

 

 

まずは、リサーチがてらのチョイ投げで狙うことをおススメします。

 

 

 

案外大物が釣れるんで、
ビックリするはずですよ〜!!

 

 

>>やや本格的な投げ釣りで大物を狙おう!に進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮