博多湾のシーバスエサ釣り

マル秘〜真昼間のスズキのウキ釣り

3月の後半から5月のゴールデン・ウィーク過ぎにかけて、以前私がよくしていた真昼間にシーバス=セイゴ〜スズキがほぼ入れ食いになる釣り方をご紹介いたします。

 

 

 

この釣り方はスズキ釣りではかなり特殊な釣り方ですから、記事を読んだ方は自分で試す程度にとどめて、欲しいと思います。

 

 

 

まず、この釣り方をし始めたのはシーバス=セイゴ〜スズキが下げ潮になると、・・・・ある場所を通って沖合いに出て行くという仮説をして、ある防波堤の一方だけで釣りをしていたときのことです。

 

 

 

多くの釣り人がシーバス=セイゴ〜スズキ狙いに来られて、思い思いの仕掛けでモエビをエサにウキ釣りをしています。

 

 

 

どの防波堤にもありがちなパターンです。

 

 

 

散発的にパラパラと釣れるのですが、どうにもいじましく、イライラするような釣り方をしているので、
私なりに考えて、連玉仕掛けを応用して仕掛けを作りました。

 

 

 

基本的には連玉仕掛けはサヨリ釣りのときぐらいしか使わない仕掛けで、
ウミタナゴなど食いの渋い魚にも使うことはあっても、シーバス=セイゴ〜スズキ釣りに連玉仕掛けを使う方はほとんどいません。

 

 

 

私は地磯からメジナを狙う時は連玉仕掛けを良く使っていましたし、
クロダイ釣りのときも満潮時の水深が4メートル以下のところでは好んでこの連玉仕掛けを使っていました。

 

 

 

 

 

 

ミチイトに一番先に通すのは釣研の飛ばしナナメ、それから大きさあるいは色の違うシモリウキを5つ、爪楊枝を短く切ったもので止めます。

 

 

 

一つ一つのシモリウキの間隔は15センチから20センチぐらいまで。

 

 

 

 

あまり間隔を開け過ぎますと、グチャグチャに、もつれます。

 

 

 

下に行くほどシモリウキを小さくしますが、実はこれもそんなに気にすることはありません。

 

 

 

みんな同じサイズのシモリウキでも、今までの経験上問題はありません。
小さい方が浮力が弱くて、食い込みが良さそうな気がするだけで、それほどシビアーではありません。

 

 

 

 

ただし、ミチイトとハリスを結ぶヨリモドシの重さと、ナイロン系のハリス3号を1メートルぐらいの長さにしてハリスに打つガン玉の重さで、下から2番目のシモリウキが沈むか沈まないか程度に調整することが大切です。

 

 

 

 

どうですか?
この仕掛けのイメージができました?

 

 

あいにくこの仕掛けを使っていた当時はデジカメもパソコンすらも普及していませんでしたので、
写真も残っていませんが、結果から申しますと、エサのモエビの数だけ釣れていました

 

 

 

50匹のある程度のサイズのモエビを持って行きますと、ほぼ40匹ぐらいのシーバス=セイゴ〜スズキが釣れるのです。

 

 

 

 

なかなか信じてもらえないかもしれませんが、
3時間程度で30センチから70センチ級を50匹以上と言うようなあるまじき記録もあります。

 

 

 

 

周りには同じモエビをエサに使って、オモリ内蔵の●矢ウキをはじめとする棒ウキを使っている方がウジャウジャいる中で、私だけがほぼ入れ食いです。

 

 

 

どんな名人がプロディュースしようとも、棒ウキやドングリウキでは真昼間のセイゴ~スズキは思い通りに釣ることができません。

 

 

 

尤も、昼間のスズキ釣りを視野に入れたウキなど作られていません!!

 

 

 

全誘導のウキも、この釣り方には敵いません。

 

 

 

沈め探り釣りもほぼ、通用しないと、思います。

 

 

真昼間のシーバス=セイゴ〜スズキ釣りはかなり、特殊であると言えます。

 

 

 

次回はこの仕掛けを使った釣り方と、この仕掛けのメリット・デメリットについてお話します。

 

 

よろしくご覧下さい。

 

 

>>真昼の連玉ウキ仕掛けのメリット・デメリットに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮