博多湾のシーバスエサ釣り

小魚を使った泳がせ釣りで大型のスズキを釣ろう!

同じ場所で、同じエサを使って、同じ仕掛けでシーバスを狙ってもセイゴしか釣れなかったり、フッコクラスばかり・・と言うことは多々あります。

 

 

 

スズキが釣れることはアオイソメを使ったエサ釣り、モエビを使ったエサ釣りでは、確率論からしますと、それほど多くはありません。

 

 

 

しかし、今回ご紹介する小魚を使った泳がせ釣りは大型狙いの釣り方なので、小さくても60センチクラスのシーバスが望める釣り方です。

 

 

 

 

 

 

 

大型のスズキに照準を合わせた釣り方です。

 

 

 

ルアーフィッシングではシーバスがその時々捕食する小魚をベイトフィッシュと呼びます。

 

 

 

ベイトフィッシュは季節季節に応じて、ボラの子だったり、サッパだったり、アジゴだったり、コノシロだったり・・・といろいろです。

 

 

 

更に驚くことに80センチを超えるスズキの胃袋の中からは25センチぐらいのボラ大型のワタリガニ(ギザミ)などがでてくることが多々あります。

 

 

 

自然界の中では、とりあえず何でも食べておかないと、生き残れないのかもしれません。

 

 

 

 

そんなシーバスの習性を使ったのが小魚の泳がせ釣りです。

 

 

 

生きた小魚を自由気儘に泳がせて大型のシーバスが食いつくと十分に飲ませて釣り上げることから、「ノマセ釣り」と言う言葉も使われる釣り方です。

 

 

 

水深が10メートル以上の埠頭などから狙う時は別として、河口などの護岸からはオモリも何も付けずにエサにする小魚を自由に泳がせて釣るほうが釣趣があるものです。

 

 

 

 

小魚を背掛けあるいは鼻掛けにして泳がせると、ブル、ブル、ブル・・・と小さな前ぶれのアタリがあり、グーンと竿先が引きこまれる。

 

 

 

 

泳がせ釣りの醍醐味はこのときです。

 

 

 

 

いつ食うか、いつ食うかと待っている間の緊張感がたまらないものです。

 

 

 

早すぎても、ダメ!

 

 

遅すぎても、ダメ!

 

 

この緊張感がたまりません。

 

 

 

>>モンスター級のスズキも射程距離内の泳がせ釣りに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮