博多湾のシーバスエサ釣り

スズキの泳がせ釣りのポイントとは?

防波堤から泳がせ釣りができるポイントと言うのはかなり限定されます。

 

 

 

 

浅すぎてもダメですし、深いだけでスズキが好むようなエサがある障害物がないような場所もダメです。

 

 

 

そこで、漁港や港湾の防波堤では、なるべく先端に近い深い場所で、テトラや捨石が大量に入っていて、しかも潮通しが良い場所が理想的です。

 

 

 

砂が流失するのを防ぐためにつくられたテトラの一文字や沖の一文字の防波堤の際を狙っても良いですし、埋立地護岸の角を中心に、その両サイドなども好ポイントであることが多いものです。

 

 

 

 

 

 

 

大きな川の河口は、スズキの魚影が濃いポイントで、なかでも河口から突き出た導流堤、河口のそばに作られた漁港、埋立地の護岸などは好ポイント

 

 

 

 

ただし、河口部のスズキは、潮の干満にあわせてミオ筋を通り、川を上り下りする。

 

 

 

 

ミオ筋とは?

海や川の港から船が出入りしたり通るために、人工的に深く掘られた溝の事。舟道とも 言う。地形の変化(カケアガリ)があるからスズキやカレイなど魚が付きやすい場所。

 

 

 

 

こういう場合は岸から竿1本〜3本程度の距離にミオ筋がないと、甚だ狙いにくい。

 

 

 

 

更に、河口のポイントの厄介なことは川の水量に左右されることです。

 

 

 

 

大雨や減水などの条件で、ポイントがコロコロと変わる河川が多い。

 

 

 

 

前回釣れた場所に行くと、まるで風景が違っていたりします。(涙)

 

 

 

 

川は河口近くなるとまっすぐに流れているように見えますが、そうではありません。

 

 

 

ミオ筋が右の岸側に寄ったり、左の岸側に寄ったりしながら川を蛇行している場合がほとんどです。

 

 

 

 

ある程度水量や水深がある河口では、どこにミオ筋があるのかオカッパリからは全く分からないことがほとんど。

 

 

 

 

何を目安にするかと言いますと、ズバリ!そこを上り下りする船の走り方を見ることです。

 

 

 

 

船は浅瀬に乗り上げないように気をつけてミオ筋を通っています。

 

 

 

 

これらの船の走る位置をよ〜く観察しますと、おおよそのミオ筋の位置が分かるものです。

 

 

 

 

 

 

 

河口部にある漁港などは、船が通るミオ筋を浚渫しますし、特に先端部では、すぐに手前からミオ筋になるので、港湾内に出入りするスズキの通り道になっています。

 

 

 

 

初めての釣り場で、ポイントが全く予想もつかないようなときは、河口付近の漁港の先端部や、船が比較的近いところを走っているポイントを見つけてチャレンジしてみてください。

 

 

>>スズキの泳がせ釣りのテクニック 1に進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮