博多湾のシーバスエサ釣り

スズキの泳がせ釣りのテクニック  2

スズキのエサにする小魚はアジゴが一般的ですし、アジゴが一番良いと思います。

 

 

 

ボラの子、サッパ、サバゴ、イワシ・・・などでも良いのですが、イワシなどはすぐに弱ってしまいます。
サバゴよりもアジゴのほうが食いが良いと感じます。

 

 

私の知り合いはなんと10センチ程度のサビキで掛かったセイゴでスズキを仕留めたそうです。^^;

 

 

 

泳がせる方法には、背掛けと鼻掛けがあるのですが、簡単なのは背掛け

 

 

 

 

 

 

アジゴの背ビレの前側のつけ根を5ミリぐらい掬うように刺し、ハリ先を反対側に抜くのがコツです。

 

 

 

このときアジゴをあまり強く握り締めたりすると弱るので、軽く握り、アジゴを掴んだら素早く刺して、水中に放してやることに注意します。

 

 

 

アジゴの持ち方は親指と人差し指で両目を塞ぐようにして軽く握ってやると暴れません。

 

 

 

 

あまり強く握り締めると、それだけでアジゴが弱るので、  
あくまで、ソフトにスピーディにアジゴにハリを刺すことが肝要です。

 

 

 

鼻掛け、背掛けのどちらでも、食いはそれほど変わらない様な気が致します。

 

 

 

私の経験上からは、背掛けのほうがエサの動きが良く、弱りにくいようです。

 

 

 

しかし、鼻掛けのほうが食いが良い様な気がするのは、フィッシュイーターの多くが目を狙って捕食すると言う習性があるからかもしれません。

 

 

 

ジギングではアシストフックをメタルジグの後部に付けずに、前部に付けるのは、根掛かり防止の意味もありますが、小魚の目を狙って襲いかかる習性を利用しています。

 

 

 

そう考えると、鼻掛けのほうがハリに掛かる確率が高いのかも?しれません。

 

 

 

背掛けと鼻掛けのどちらが食いが良いかと言うことに関しては、結論を出せるほど結果が出ていません。

 

 

このことに関しましては、ご自身で試されることをおススメします。

 

 

>>スズキの泳がせ釣りの取り込みに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮