博多湾のシーバスエサ釣り

スズキの泳がせ釣りの取り込み

ハリを刺した小魚を海中に放ったら、いろいろ戦闘開始です。

 

 

 

 

 

リールのドラッグは緩めておくのが鉄則です。

 

 

 

アジゴを自由に泳がせるのが原則なのですが、いつまでもミチイトを出していたら、アジゴは好き勝手に泳ぐのでキリがありません。

 

 

 

更に、ミチイトを出せば出すほど、海水での抵抗を受けるためにアジゴが早く弱ってしまいます。

 

 

 

ポイントにもよりますが、ミチイトは出しても50メートルぐらいをメドにしましょう。

 

 

 

 

泳がせているアジゴにスズキが近づくと、アジゴが逃げ惑うので、
竿先がブルブルと震える前ぶれのアタリがあります。

 

 

 

このときに竿を手でもって、本アタリに備えます。

 

 

 

 

前ぶれのアタリの直後に竿先を押さえ込んでいく場合もありますし、しばらく前ぶれのアタリが続いた後で食い込むこともあります。

 

 

 

この釣りはスズキがエサを丸呑みしてもらわないことには釣れませんので、ここでも大きくアワセをいれずに、ドラックを緩めておくぐらいの余裕が大切です。

 

 

 

完全にハリ掛かりしていると確信したら、取り込みはスピーディにすることも大切です。

 

 

 

その理由は他の釣り方でも前述しましたが、ジゴクに掛からぬ限り、時間をかければかけるほど、獲れる確率が下がります

 

 

 

チヌなどと違い空気を吸わせると、おとなしくなる様な魚ではありません。

 

 

 

引きを楽しんでいる場合ではなく、できれば速攻でタモ入れをするべきです。

 

 

 

 

 

掛けたら、リールのドラッグを調節しながら、慎重且つ冷静にスズキを寄せる!
速攻でタモに入れる!

 

 

この釣りの鉄則です。

 

 

 

>>プロの職漁師から学んだアジゴエサの投げ釣り仕掛けに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮