博多湾のシーバスエサ釣り

やや本格的な投げ釣りで大物を狙おう!

シーバス=セイゴ〜スズキはどのような釣り方でも、想定外のサイズのスズキクラスが飛び入り参加する面白さがあります。

 

 

須崎埠頭や箱崎埠頭の先端から丸オモリの6号ぐらいに市販のキス用の投げ釣り仕掛けを付けて、アジングロッドなどでキスのアタリや引きを愉しもう!!と思っているようなときに限って、予想もしない80センチクラスのスズキがハリに掛かり、スリル満点の釣りをするハメになることさえあります。

 

 

スズキは竿やリールを見て釣れる訳ではありませんから、アジングロットに1000番程度のスピニングリール、ラインはPEの0.8号などと言うタックルでは、スズキを寄せるにも時間がかかりますし、タモも組んでいませんから、大慌てです。

 

 

こういうタックルでも稀に釣れることがあります

 

 

ハリが掛かった場所にもよりますし、寄せてきて一発でタモ入れが出来た時などは、どうにか釣る事が出来ます。

 

 

しかし、あらかじめシーバス=セイゴ〜スズキ狙いの投げ釣りとなると、このような危険なスリルを味わう必要もありません。

 

 

私があらかじめフッコ〜スズキクラスを狙うときは、20号負荷ぐらいで3・6メートルぐらいの投げ竿をよく使います。

 

 

30年ぐらい前に購入したグラスロッドの竿です。

 

 

私はこれらのグラス竿がお気に入りで、夜のウキ釣りのときも良く使います。

 

 

ガイドの数が磯竿に比べて少ないので、夜釣りではトラブルも少ないからです。

 

 

グラスロッドのほうが重い!と言う釣り人もいますが、そんなに重くもないです。

 

 

私がグラスロッドにこだわるのは、大物が掛かった時にタメが効くからです。

 

 

カーボンロッドの投げ竿ではなかなか出せない胴調子のような曲がり方をしてくれるのが、バレない要素ではないかと思っています。

 

 

だからと言って新たにこのようなグラスロッドを買う必要もないと思います。

 

 

もしも、20号負荷で3・6メートルぐらいの竿を買うのでしたら、中古釣具店などで1000円ぐらいで買えると思います。

 

 

スピニングリールも2500番〜4000番ぐらいで十分です。

 

 

ミチイトは4号ぐらいがおススメです。

 

 

あまり太いイトをリールに巻くと、飛びません。

 

 

仕掛けは自作の場合は1本バリでナイロンハリス4号を1メートルぐらいの長さにして、丸セイゴ12〜13号を付けると良いと思います。

 

 

面倒な方は市販のカレイ・アイナメ用の投げ釣り仕掛けで11号〜13号のハリの2本バリ仕掛けが良いと思います。

 

 

アオムシは太目のものを買い求めましょう!

 

 

後は仕掛けを投げて、時折リールを巻いて待つだけです。

 

 

竿数を出す時は、竿尻にロープを付けておかないと、あっという間にタックルが無くなります。^^;

 

 

フッコ〜スズキはいきなりのアタリがほとんどです。

 

 

しばらく釣れずに、用を足しに竿から離れた様な時に限って、スズが鳴ったかと思うと、リールの付いた竿が海面に落ちて、海水に引きずり込まれる様を何度も経験しました。^^;

 

 

もちろん、タモもあらかじめ組んでおいたほうが良いです。

 

 

 

>>マル秘〜真昼間のスズキのウキ釣りに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮