博多湾のシーバスエサ釣り

シーバスの落とし込み釣り

落とし込み釣りと言えば、多くの方はメイタ〜チヌを狙うものと決め付けているようですが、実はそうでもないのです。

 

 

 

確かに防波堤や埠頭の岸壁に付いたカラス貝をエサにしているメイタ〜チヌを狙うには、

 

 

エサをハリに付けて岸壁すれすれに落としていく釣り方は、まことに理に適った釣り方です。

 

 

ところが、カラス貝の層にはエビやカニの甲殻類や虫も紛れ込んで棲んでいますから、

 

 

カラス貝の層が好きなのはメイタ〜チヌばかりでもないのです。^^;

 

 

干潮の時に露出するカラス貝の層には、メバルやタケノコメバル、アラカブ、ソイなども潜んでいることが多く、

 

 

シーバスもこの層に沿って移動することが多いようです。

 

 

なので、メイタ〜チヌを狙っているときも、
メバルをメインに狙っているときも、
外道としてたびたび登場するのがシーバスなのです。

 

 

最初からシーバスを狙って落とし込み釣りをすると言うことはあまりありませんが、

 

 

私の経験上、博多湾の落とし込み釣りで最もよく釣れるのがシーバスではないか?と言うことです。

 

 

もちろんそれは、使うエサに左右されます。

 

 

さすがに、岩ガニやカラス貝ではシーバスが釣れる確率は低いですが、

 

 

アオムシやモエビをエサにしたときは、むしろ一番良くハリに掛かるのがシーバスだと思います。

 

 

30センチ以下のシーバスは博多湾の湾奥であれば、いたるところにいて、

 

 

エサを横取りして落とし込み釣りのファンからむしろ煙たがれている存在ですが、

 

 

同じシーバスでも50センチを超えるようなフッコ級、あるいは80センチクラスのスズキともなれば、話は変わります。

 

 

 

 

50センチクラスの丸々としたフッコクラスのシーバスは、食べても最高に美味しい魚の一つだと思いますし、

 

 

落とし込み釣りでフッコ〜スズキ級のシーバスのやり取りを体験すると、

 

 

きっとハマるようになるはずです。

 

 

メイタ〜チヌとはまた違った落とし込み釣りのターゲットであると再認識されるはずです。

 

 

>>70センチオーバーのシーバスVS50センチクラスのチヌに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮