博多湾のシーバスエサ釣り

70センチオーバーのシーバスVS50センチクラスのチヌ

私は落とし込み釣りを良くやりますので、好むと好まざるとに拘わらず、
50センチオーバーで2キロ以上のチヌ80センチを超えるスズキクラスのシーバスも、これまで何度も仕留めた経験があります。

 

 

 

 

 

50センチ&2キロ超えのチヌは釣り人にとってはある意味分水嶺で、初心者の方の目標の一つですが、

 

 

結論から申し上げますと、70センチオーバーのスズキクラスのシーバスの方が50センチクラスのチヌよりも随分手強い相手だということです。

 

 

チヌを狙う方はお分かりでしょうが、ハリに掛かると、障害物などがない限り、チヌは海底を這うように沖に向って走ります。

 

 

このときに両軸リールのドラッグをフリーにしておけば、いくらイトが出ても、たいしたことはありません。

 

 

チヌがストップしてから海面に浮かせるまでがチヌ釣りの醍醐味です。

 

 

海底から2メートルぐらい浮いたかと思ったら、次はまた海底に向って走り出します。

 

 

そのようなやり取りを何回か繰り返して、海面にチヌが浮いてきたら、既に勝負あったも同然なのです。

 

 

チヌはどんなに大物だろうと、竿を上げて空気を吸わせるようにしますと、途端に死んだかのようにおとなしくなります。

 

 

後はタモで掬うだけです

 

 

これ以外何もありません

 

 

ところが、70センチを超えるスズキクラスのシーバスは大物チヌの空気を吸わせる必釣パターンがまるで通用しないのです。

 

 

それどころか、空気を吸わせると元気になるような気さえするのです。

 

 

しかも、食わせ者で、リールを巻いているときは進行方向に一緒に泳いでいて、バレたかな?と思ったら、

 

 

途端に反転してものすごいスピードで沖に向ったり、

 

 

リールを巻いてシーバスを浮かせようとすると、あざ笑うかのようにエラ洗いをして、海底目がけて突っ込んで行きます。

 

 

ここでドラッグがフリーになっていないと、一巻の終わりなのです。

 

 

とにかく、寄せて、寄せて、すかさずタモで掬うまでは1秒たりとも安心できない難敵です。

 

 

更に、スズキクラスのシーバスを獲るのには、腕以外に大切な条件があるのです。

 

 

何だかお分かりでしょうか?

 

・ハリスにキズが付いていないこと?
・ハリスの太さ?
・ミチイトの太さ?

 

 

残念ながら、すべてNO!!です。

 

 

ハリスにキズがないことは絶対条件ですが、更に重要な条件とは?

 

 

それは、スズキの通称地獄と呼ばれるところにハリが掛かることです。

 

 

ここにハリが掛からねば、数回のエラ洗いでハリスにキズが入り、時間が経てば必ずハリスを飛ばされるのです。

 

 

もしもハリがのどの奥に掛かったような時は、口元のザラザラした歯でハリスに傷が付いて、2回ぐらいのエラ洗いでゲームセットです。

 

 

トップページに貼った写真は須崎埠頭の西側で仕留めた70センチぐらいのスズキクラスのシーバスですが、タモ入れまでに15分ほど掛かりました。

 

 

 

 

この時使っていたハリスはフロロカーボンの1・5号でハリは袖型の8号でした。

 

 

アオムシで、メバルを釣っていたのです。

 

 

アワセてから暫くして、10メートルぐらい沖で、スズキクラスのシーバスがエラ洗いをしたときには、

 

 

正直「こりゃ、まず獲れんな!」と、半ば諦めていましたが、ウキ釣りや投げ釣りでスズキクラスのシーバスとのやり取りの経験が、実に役に立ちました。

 

 

しかもこの時使っていた竿はハンドメイドの2・7メートルのメバル釣り用に改造した竿だったのです。

 

 

 

 

ですが、このペランペランさがこのときは良かったのだと思います。

 

 

寄せる時以外はすべてドラッグをフリーにして、引き味を楽しむなどというガチンコ勝負はすべて回避しましたから・・・。

 

 

竿やリールのスペックやポテンシャルから、到底太刀打ちできないと判断した・・末のやり取りでした。

 

 

再度写真をご覧になっていただきたいのは、50センチオーバーのチヌも2匹ともこのペランペランの竿で釣り上げています。

 

 

スズキクラスのシーバスのファイトはチヌと比べものにはなり得ません

 

 

だからこそ、多くの方に味わっていただきたいのです。

 

 

50センチクラスのチヌをハリに掛けても、

 

 

慌てることがなく、難なく取り込める私でも、

 

 

ススズキクラスのシーバスは未だに手に負えない存在です。

 

 

タモに入れたら、

 

 

今日は運が良かった!!!

 

 

と、手を合わせるしかない存在なのです。

 

 

一秒でもドラッグをフリーにするタイミングが遅れるとアウトです!!

 

 

このスリリングさがたまりません!!

 

 

>>博多沖防でカラス貝で釣った奇跡のスズキクラスのシーバスに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮