博多湾のルアーシーバス

博多湾でソルトルアーをするならシーバスから!!

小中学生の頃に近所の野池や河川で友達と一緒にブラックバスを狙っていた男性は案外多いはずです。

 

 

たいていの男の子はやったはず・・・!?

 

 

ところが、釣っても食べることもなく、なかなかランカー級のブラックバスが釣れないとなると、たいていの方は飽きてしなくなるものです。

 

 

ご家庭の物置やクローゼットには、ブラックバスのタックルかなりの数のルアーやワームなどが埃(ほこり)をかぶって眠っているのではないでしょうか?^^;

 

 

私の友人は、息子さんが使わなくなったバスロッドを畑に突き刺して植物の蔓を巻かせていました。(爆)

 

 

バス用のタックルをそのまま海で使ってみよう!

 

 

昔ブラックバスをルアーで釣っていたが、もう何十年もやってないなぁ〜!!などと言う方は、お手持ちのタックルを車に積み込んで、とりあえず博多湾でルアーを投げてみませんか?

 

 

 

 

ブックバス用のルアーでもいいの?と思う方がほとんどなはずですが、できればシーバス用のルアーのほうが良いに決まっています。

 

 

ですが、ルアー一つでも1000円ぐらいはしますから、とりあえずどんな感じのものであるのかを体感するにはブラックバス用のルアーでも構いません。

 

 

ダメモトでもいいんじゃないでしょうか?

 

 

とりあえずシーバス用のルアーを使ってチャレンジしてみたい方は通販のセット販売で比較的安くルアーをゲットできます。

 

 

いろいろなタイプのシーバス用ルアーがありますが、ビギナーはシンキングミノーが使いやすくて良いと思います。

 

 

 

 

 

ごく稀に、ブラックバス用のタックルとルアーを物置から引っ張り出して、博多湾内の船溜まりで投げたところ、数回目にシーバスが釣れたと言うラッキーな方もいるんです。

 

 

シーバスのルアー釣りにはまればはまるほど、ベイトフィッシュに似たルアーを使いたがるのですが、ルアーがベイトフィッシュに似ているだけでは釣れないことも多々あります。

 

 

シーバスの活性が高いときは、見境なく信じられないルアーに飛び付いてくるのも事実なんです。

 

 

ですが、活性が低い時は、釣れると言う噂のルアーを使って、ロッドアクションのテクニックを駆使しても見向きもされないことすらあります。(涙)

 

 

海面近くにボラの子カタクチイワシがウジャウジャ・・・いる時にそれに似たルアーを投げてもまるで無反応の時もあるんです。(涙)

 

 

タックルの良し悪しやルアーの良し悪しやアクションのテクニックよりも、シーバスのヤル気が一番重要なポイントだと思います。^^;

 

 

私がシーバスルアーにはまったきっかけ

 

 

私が初めてのシーバスをルアーで釣ったのは、かれこれ30年ほど前に転勤先の横浜でのことでした。

 

 

勤務先で知り合った方にルアーをたくさんいただいたものの、こんなモノで釣れれば苦労せんわい!!と、暫くほったらかしにしていました。(苦笑)

 

 

ある日釣り仲間と横浜の沖の防波堤でカレイを投げ釣りで釣ることとなり、基本的に退屈なカレイ釣りの合間にルアーをつけて投げてみたら、1投目からタチウオが釣れたんです。

 

 

これには驚かされました!!

 

 

こんな妙なモノでも本当に魚が釣れるのか?とルアーを見つめる私がいました。

 

 

私はそれまでルアーフィッシングの経験が全くありませんでした。

 

 

昭和30年代生まれの私が小中学生の頃は、ブラックバスは芦ノ湖以外にはいないとされていましたし、釣った噂を聞いたこともなければ、ルアー釣りなどをしている釣り人もいませんでしたから・・・・。

 

 

防波堤や砂浜からもルアーなどをつけて釣りをしている人など見たことも聞いたこともなかったのです。^^;

 

 

タチウオが釣れた私はテンションが上がり、アドレナリンMAXの状態で夢中でルアーを投げ続けて50センチぐらいのシーバスが釣れたんです。

 

 

嬉しかったし、驚きました!!

 

 

このとき使ったタックルは、

・3・6メートルぐらいのグラスロッドのボロな投げ竿
・2000円ぐらいのバカチョンリール

 

 

しかも、黄色の3号のナイロンラインにルアーを直結でです!!(苦笑)

 

 

こんなこと書いたら各釣具メーカーからお叱りを受けるかもしれませんが、シーバスはロッドやリールを見てはルアーに飛びつくわけではないので、活性が高いときはお粗末なタックルでも良い様な気がしました。

 

 

前置きが長くなりましたが、あなたがもしもブラックバスのタックルをお持ちであれば、それを持って博多湾に出かけてみることをおススメします。

 

 

もしかしたら、ビギナーズラックに当るかもしれません。

 

 

もしかしたら、まるでアタリもなくボウズかもしれません。

 

 

でも、お金が全く掛からずに海にルアーを投げてリールを巻けば、またルアー釣りをやってみよう!だとか、本格的にソルトルアーでもやってみるか!!という気になるかもしれません。

 

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮