博多湾のシーバスエサ釣り

博多湾のシーバス=セイゴ〜スズキの産卵について知っておこう!

博多湾のセイゴ〜フッコクラスは1年中河口や港湾部、
そしてコンビナートの排水溝、シーバース周りに群れていることが多く、
厳寒期を除いては1年中狙える魚です。

 

 

真冬でも、釣れる確率が高い魚です。

 

 

 

 

 

 

シーバス=セイゴ〜スズキの一生のサイクルから見ると、まず産卵は12月〜1月に多く行われます。
(もちろん地域の差は多少あります。)

 

 

 

シーバス=セイゴ〜スズキは大きな湾があるところに多く見られる魚ですが、
産卵はこの内湾水と、コレと比較すると塩分濃度、水温の高い外海水との接点となる湾口部の根周りで通常行われます。

 

 

 

博多湾の場合は、玄界島、柱島、机島周辺部が有名な産卵地であることは、地元のダイバーの方々の証言からも明らかになっています。

 

 

真冬の玄界島、柱島、机島周辺部の海底には、
驚くほどの大型のスズキが相当数ひしめき合っているそうです。

 

 

そこで、産み落とされたシーバス=セイゴ〜スズキの卵は
海面表層付近を漂いながら孵化し、
水温の上昇とともに、波の静かな博多湾へと移動します。

 

 

 

つまり、卵が博多湾に移動することを計算して産み落とされるのです。

 

 

 

当たり前だと言っても、凄くないですか?

 

 

 

シーバス=セイゴ〜スズキは1年間で20センチぐらいまで成長し、
アマモと呼ばれる海藻の繁茂する砂地の浅い海や
河口部を生育の場としています。

 

 

 

それが秋には釣り人の竿に、当歳魚のセイゴとしてヒットするようになるんです。

 

 

 

 

 

 

昨今おびただしい数の当歳セイゴが釣れます。

 

 

 

一方、産卵が終わった成魚のスズキは、
春の訪れとともに内湾部に入ってきて、
潮通しが良く、エサの豊富な場所に付くようになります。

 

 

 

基本的にはこのようなパターンを繰り返しているのですが、
中には12月〜1月になっても博多湾内を泳ぎ回って、
産卵に参加しない個体もいます。

 

 

何が原因で産卵に加わらないのかは、不明ですが、
原則があれば、例外もあるのも自然の奥深さかもしれません。

 

 

 

増えすぎると、自分たちが困るので自ら数の制限をしているのかも知れませんし、そうでないかもしれません。

 

 

いずれにせよ、こういう例外的な個体がいるために、
真冬の投げ釣りでも、驚くようなスズキが釣れて、釣り人を悦ばせてくれることもあります。

 

 

 

原理・原則がすべてではないおかげで、釣りの予想外を楽しむことも出来るわけです。

 

 

 

>>博多湾のシーバス=セイゴ〜スズキ釣りのエサについてに進む

 

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮