博多湾のシーバスエサ釣り

プロの職漁師から学んだアジゴエサの投げ釣り仕掛け

実は私は船からのヒラメ釣りが大好きで大型のヒラマサやブリ、カンパチや大型の根魚が釣れる「船からの落とし込み釣り」は今でもよくやる釣りのひとつです。

 

 

「船からの落とし込み釣り」というのは、中層でアジゴやイワシ等の小魚を釣って、それをそのまま海底に沈めるという理に適った大型魚の釣り方です。

 

 

詳しいことは割愛しますが、これとは別に私が貸しボートで沖合い300メートル付近の水深10メートルぐらいのポイントで寿司屋も営むそこのオーナーから教えていただいた仕掛けがこちらです。

 

 


絵が下手ですみません)^^;

 

 

 

このポイントでは防波堤からアジゴを釣るように、予めサビキでアジゴを釣り上げて目の細かい川釣り用の
フラシビクの中にアジゴを入れてボートから海中にぶら提げておく作業から始まります。

 

 

このアジゴを釣る時にも、手の平大のマダイやカワハギなどが釣れるし、25センチぐらいのマアジが釣れて
この時点で中型クーラーがいっぱいになることも多々あります。

 

 

 

1人でFRPのボートに乗るためにコンパクトロッドを3本出してアチコチ違うポイントに上記の仕掛けにアジゴを付けて投げ込むのです。

 

 

 

竿先にはスズをつけます。

 

 

 

アタリが来るまで退屈なもので、サビキ釣りをしてその間楽しみます。

 

 

 

5分おきぐらいに竿をもってヒラメが釣れているかどうかを確かめるのですが、釣れていないときはリールのハンドルを2〜3回巻いて場所を少しずらします。

 

 

 

これを繰り返すことで、私は7時から11時までの4時間で、

・30センチ後半から50センチ未満のヒラメを13枚
・60センチオーバーのスズキを2本
・40センチほどのキジハタを1枚
・40センチほどのカンパチの幼魚を7枚

釣った経験があります。

 

 

 

最初は市販のヒラメ仕掛けを持って行き、2度ほどまるでボウズだった私を見かねて?オーナーの方が教えてくださったのが上記の仕掛けなのです。

 

 

 

キモはハリスの長さです

 

 

 

「絶対に60センチから70センチにすること!!」と、オーナーからきっぱり言われました。
「短くても、長くても食いが悪くなるので、ハリスの長さだけは絶対に守ること!」と釘を刺されました。

 

 

 

オーナーの言いつけを守り、彼の言うとおりにすれば、釣れる!釣れる!・・・・・・・・!!

 

 

 

そこで、このありきたりな仕掛けで近くの防波堤から同じようにアジゴをエサに投げ釣りをしますと、
最低でも1〜2枚のヒラメが釣れたのです。

 

 

 

船で水深30〜50メートルのポイントを狙わずとも、船賃もいらないし、自分の好きな時間に竿を出してヒラメが釣れるこの釣り方にはまりました。

 

 

 

この仕掛けを当然のように河口から投げますと、シーバスが狙えます。

 

 

 

全く難しい釣りではありません

 

 

 

ちなみに湾奥などなどでは孫バリを付けずに親バリ1本で鼻掛け、背掛けのほうがアジゴは弱りが遅いようです。

 

 

 

親バリ、孫バリ仕掛けはヒラメやフィッシュイーターがたくさんいるところでは、獲れる確率が高い仕掛けですが、難点はアジゴがすぐに死んでしまうことです。

 

 

 

6月ぐらいから12月半ばまではこのアジゴをエサにした投げ釣りは非常に有効です。

 

 

 

やらない手はありません

 

 

 

是非とも、チャレンジしてみることをおススメします。

 

 

>>フラット・フィッシュも視野に入れたアジゴエサの投げ釣りで狙うシーバスに進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮