カラス貝でスズキクラスのシーバスが釣れた!

博多沖防でカラス貝で釣った奇跡のスズキクラスのシーバス

私は落とし込み釣りの経験が既に30年近くあります。

 

 

実は20代後半で東京に転勤し、丸4年間東京にいたときに「落とし込み釣り」を覚えました。

 

 

その当時の東京では「へチ釣り」と言い、2メートル足らずの短い竿と木ゴマリールでの釣り方が、主流でした。

 

 

ところが、博多に戻ってきますと、その当時博多沖防に渡っても、ほとんどの方が3・6メートルから4・5メートルぐらいの落とし込み専用の竿を使っていました。

 

 

私も当時はこのタックルを好んで使っていました。

 

 


ロッドは、(がまかつの落とし込み竿「がまチヌ落とし込み3・9」)

 


リールは(ABUリールの「アンバサダー150プラス」)

 

 

リールも木ゴマリールを使っている方は少なく、小さな両軸リールか落とし込み釣り用の専用リールを使っている釣り人が多かった記憶があります。

 

 

東京から戻ってきてからは、10年近く落とし込み釣りを主流にメイタ〜チヌを追いかけるような釣りのスタイルでした。

 

 

沖防も休みの度に渡って、荒津オイルセンターに近い白灯台から、多々良川河口の一文字まで全て渡りました。
何十回となく・・・

 

 

50センチオーバーのチヌもかなり釣りましたし、
丸テトラと呼ばれるポイントでアオムシをエサに20センチ台後半のメイタから40センチ台後半のチヌを半日で72匹も釣り上げた経験があります。

 

 

そのような経験を繰り返していると、だんだんメイタ〜チヌに興味がなくなってきました。^^;

 

 

かれこれ10年ほど前に、会社の釣り仲間たちが落とし込み釣りを教えてくれと言うので、秋口に数回沖防に渡ったりしていたときのことです。

 

 

そのときは、大物のチヌのみを狙うためにエサはカラス貝だけを持って沖防に渡りました。

 

 

アオムシや他のエサを持って行くと、アタリが少ないカラス貝はすぐに飽きますから・・・。

 

 

その日はある程度の波もあり、新波止と呼ばれるポイントの外側(志賀島、玄界島向き)を大粒のカラス貝をエサに3Bのガン玉を打って、底狙いで探っていました。

 

 

アタリがないために底からカラス貝を跳ね上げた時に、竿を持ち込むようなアタリがあり、瞬時にとてつもない大物だということが分りました。

 

 

博多沖防のチヌの記録を更新できるかも??などというスケベ心が脳裏を横切りました。^^;

 

 

得体の知れない大物に心がときめきましたが、・・・・・・・・・・・なんだか・・・・・チヌの走り方とは違うんです。

 

 

沖に向ってゆっくりと泳いで行くこともチヌとは違いますし、スピードもゆっくりしているのです。

 

 

ところが、出て行くミチイトが止まった瞬間にリールを数回巻くと、今度はものすごいスピードで横に走り出しました。

 

 

アカエイやナルトビエイでもない

 

 

出て行くミチイトが止まって、イトを巻こうとしても、巻けないのです。

 

 

頭をこちら側に向かせることができないのです!!

 

 

巻こうとすると、あざ笑うかの様に違った方向に走ります。

 

 

完全に両軸リールのドラッグをフリーにして、左手の親指でスプールのイトを押えながらリールを巻いては、得体の知れない魚が引いてはスプールから指を離してイトを出すと言う作戦をとって、とにかく浮かせてみることにしました。

 

 

すると私が立っている所から10メートルほど離れた海面にかなり大きなスズキがエラ洗い!!

 

 

カラス貝のエサにスズキ???などと思いつつ、バレテも仕方ない!!と覚悟を決めて、15分近くやり取りして、今も使っている50センチ枠のタモにどうにか収めることができました。

 

 

80センチを超えたスズキクラスのシーバスでしたが、ヒラスズキ?と思えるほど体高があり、でっぷり丸まると太ったスズキでした。

 

 

さすがにこのときは、スズキをストリンガーに掛けてから、
暫く座り込んでいました。

 

 

ハリスの1・75号のフロロカーボンが伸びきったような状態に白濁していました。

 

 

いろいろな経験をやってきましたが、
カラス貝でスズキクラスのシーバスを釣ったのは後にも先にも、これが最初で最後です。

 

 

帰りの「はやと丸」で田淵船長から4〜5年に1人ぐらいの割合で、カラス貝でスズキをかける人がいると聞かされ、驚きました。

 

 

違った意味で、沖防に妙な記録を残しました。^^;

 

 

だからと言って、カラス貝でスズキを狙いましょう!!などとは絶対に申しません。

 

 

ルアー効果で、マグレで釣れた奇跡の1匹でした。

 

 

>>最もお手軽&簡単に釣れるのはシーバス!!に進む

 

>>シーバス=セイゴ〜スズキの博多湾での釣り方のTOPページに戻る

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今日の博多湾の潮